最強街歩き1型コンデジ? Canon PowerShot G7 X Mark II [ガジェ獣 Advent Calendar 2017]

シェアする

こんにちは。朝霧です。

今回は「ガジェ獣 Advent Calendar 2017」という事で、今年購入したキヤノン製1型コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G7 X Mark II」について紹介します。
記事公開が1日遅れてしまいすみません…。

購入の経緯

今年のゴールデンウイークに海外旅行(イタリア)に行く際、荷物を減らしつつある程度良い画質で撮影したかったので購入しました。
普段使っている PENTAX K-50+18-135mm の構成だと1kgを超えるのですが、G7 X Mark II なら300gちょっとなのでLCCでも安心です。

コンデジなら機内からの風景や街歩きでもサッと気軽に撮れるので良い買い物でした。
(価格は一眼レフより上でしたが…w)

microUSBケーブルでモバイルバッテリーから充電出来るのも必須機能ですね。

レンズの小さいコンデジの方が、機内の照明の反射を受けにくく撮りやすい

比較機種

以前からオリンパスの1/2.3型コンデジ、XZ-10を使っていました。
レンズの明るさがF1.8~2.7、NDフィルタ内蔵で1万円台とコスパの凄いカメラなのですが、イメージセンサの小ささが少しネックでした。

当初はニコンDLを買おうと思っていたのですが、残念ながら発売中止に。
ソニーRXとキヤノンPowerShotの2択で、同等性能なら少し安いPowerShotを購入しました。

G7 X Mark II vs. G9 X Mark II

PowerShotシリーズの下位モデルで小さく軽い「G9 X Mark II」も魅力的だったのですが、XZ-10でも使っている内蔵NDフィルタが便利なので、それを搭載している G7 X Mark II に決定。

G9 X Mark II では本体操作はタッチパネルがメインになっていますが、G7 X Mark II では物理ボタン中心になっている点も良かったです。

明るい場所でシャッタースピードを遅くするためのNDフィルタ使用例。 1/125や1/60で撮影しないとちゃんと見えないバスや鉄道のLED表示の撮影にも便利。

チルト液晶はやっぱり便利、カスタマイズ性も十分

ハイアングルもローアングルも自由自在。
人混みの中から風景を撮影するのにも有能ですね。

レンズ部リングや一部のボタンによく使う機能を割り当てられるので、使い易くカスタマイズが可能です。
録画ボタンにはJPEG⇔RAWの切り替えを割り当てています。

画質の評価とかは詳しくないのでカメラ自体のレビューとしてはこれくらいしか言えないのですが、本体の金属的な質感も「THE カメラ」な風格があって満足しています。
今後も道具としてどんどん使い込んでいきたいと思います。