久しぶりに「写ルンです」でいろいろ撮ってみた

シェアする

こんにちは。朝霧です。

今回の記事は「フィルムカメラ Advent Calendar 2017」という事で、昨年あたりからたまーに思い出した時に撮ってたフィルムを現像してきました。
スマホで撮影→SNSに即アップな時代に完全に逆行するスタイルのフィルム写真ですが、現像&CDへの書込みを1時間かからずにやってもらえるので便利ですね。


今回の機材は、1,000円で買えるフルサイズ機「写ルンです シンプルエース」。
私は「写ルンです」もフルサイズだよ派です。
昨年発売された、「30周年アニバーサリーキット第1弾」の本体です。

カメラとしての仕様は下記の通り。
富士フイルムWebサイト商品ページより引用)

フィルム ISO400 135フィルム
撮影枚数 27枚
レンズ f=32mm F=10 プラスチックレンズ1枚
シャッタースピード 1/140秒
撮影距離範囲 1m~無限遠
ファインダー 逆ガリレオ式プラスチックファインダー
フラッシュ 内蔵(有効撮影距離:1m~3m)
パイロットランプ付スライド式フラッシュスイッチ

ユーザーが決めるのは構図とフラッシュの有無のみ。
シンプルだからこそ奥が深いのも頷けますね。

早速写真を見ていこうと思いますが、ブログのロゴのみ挿入し画質や色味の調整は全く行っていません。

自然

2016/11/6 半月山登山道

2016/11/6 半月山から眺める中禅寺湖

20Mピクセル超のデジタルカメラで得られるような解像度なんてもはやどうでもよくって、この独特の空気感が久しぶりで懐かしいです。

2016/11/6 半月山登山道

植物や木肌の印影もなかなか良い感じに写りますね。

2016/11/13 碓氷峠アプトの道

2016/11/6 戦場ヶ原

木漏れ日に関してはとてもリアルに写っていて驚きました。
普段デジタルカメラでこのような雰囲気を出したくてもちゃんと撮れません…。

街並み

2017/12/10 イチョウが鮮やかな秋葉原中央通り歩行者天国

写っているものは確実に2017年なのですが、ぱっと見はそうは見えないのが面白いですよね。

2017/12/10 秋葉原山手線ガード下

フラッシュ無しで撮影。内蔵のフィルムはISO400ですが結構頑張ってくれてます。

2017/12/17 唐津バスセンター屋上から眺める唐津湾方面

天気が微妙でしたが、建物や緑がしっとりとした色合いで出ているのが結構良かったかなと思います。

2017/12/17 唐津駅通り

レンズがF10ということで、背景の街並みもそれなりにはっきりと。

2017/12/17 唐津市大名小路児童公園の猫

今日、公園の猫ちゃんを撮ったところでフィルム切れ。現像に出してきました。

小学生の頃は富士フイルムのSMART SHOT PLUSというカメラ(フィルムが交換可能な写ルンですみたいなカメラ)を買って貰い、お小遣いで現像に出してた時のワクワク感とか、今はフィルムを消費するタイミングなのかどうかの見極めみたいな、懐かしい感覚を久しぶりに味わえました。
独特の色合いや空気感も、昔はあんまり綺麗に撮れないよなーとか思ってたんですが、今撮ってみると味わいが分かる気がしました。

「30周年アニバーサリーキット第2弾」も購入しているので、またぼちぼち撮っていきたいと思います。