実家の宅内ネットワークを整備した(インフラ知識編)

シェアする

こんにちは。朝霧です。
最近はリアルでもやる事が多くて更新が滞ってしまっていました…。

今回Uターン&転職で実家に戻って来たので、宅内ネットワークを整備しました。
今回使用したインフラ周りのケーブルや機器を整理してみます。

LANケーブル

LANケーブルは家電量販店で既製品を購入するほか、RSコンポーネンツでは数十メートル・数百メートルのリール単位で購入することも可能です。

LANケーブル用のかしめ工具を準備すれば、好きな長さ・本数のケーブルを作成できるので、配線場所や機器の配置にぴったり合わせられます。

参考:【LANケーブル】作り方/必要な工具は?(通常のケーブル編) –  エレコム株式会社

カテゴリ 通信速度(伝送帯域) 最長距離
5 100Mbps(100MHz) 100m
5e 1Gbps(100MHz) 100m
6 1Gbps/10Gbps
(250MHz)
100m(1Gbps)
55m(10Gbps)
6A/6e 10Gbps(500MHz) 100m

LANケーブルのカテゴリ(規格)も要確認です。

一般家庭向けのインターネット回線では1Gbpsも当たり前になり、ついに10Gbpsのサービスも登場してきました。
ルータやハブなどのネットワーク機器が1Gbpsに対応していても、カテゴリ5の古いケーブルを流用していると100Mbpsでしか通信できません。
意外と見落としがちなところなのでチェックしてみると良いかもしれません。

頻繁にケーブルを交換できないような場所ではカテゴリ6やカテゴリ6Aのケーブルを使用するととりあえず安心かと思います。
カテゴリ7より上位の製品も既に販売されていますが、それらは伝送帯域が高く取り扱いも難しいため、一般家庭なら6/6Aで十分でしょう。

PLC

自宅の1階⇔2階間では現状LANケーブルを引けない状況で、かつ無線LANの電波も届きにくいため、PLC(Power Line Communication:電力線通信)を使用しました。

参考:高速PLC通信とは? – HD-PLCアライアンス

PLCは2台以上を1組として使用する機器で、宅内の離れた場所(別の部屋など)にあるコンセントにそれぞれ設置すると、電気配線を利用して、その間がLANケーブルで接続されているように通信が可能になります。

製品自体は10年ほど前に登場していましたが、その頃は無線LANの普及期でもあったため、当時はあまり注目されていなかったように思います。

我が家では30~40Mbpsほどの速度で利用できていますが、電気配線や同時に使用する電化製品により通信状況は左右されます。
最近では2台1組で5千円台と安価な海外メーカー製品や無線LANルータを内蔵した機種も登場し、試しやすくなりました。


次回は実際の構成例を見ていこうと思います。

スポンサーリンク
PC広告
PC広告

シェアする

フォローする