有償データ復元ソフトってどうなの?「EaseUS Data Recovery Wizard」レビュー【PR】

こんにちは。朝霧です。

早いものでもう11月も半ば。
秋のお出かけシーズンや冬休み、年末のイベントなどで写真もたくさん撮りますよね。
そこでよくやってしまうのが、データを削除してから「消さなきゃよかった…」ほかのファイルを消すつもりだったのに「間違えた…」結構やってしまいます。
スマホで撮った写真でもクラウドに自動バックアップされてると思いきや、Wi-Fiに接続されていなくてバックアップされてなかったり…。

そんな時にすがりたくなるのが ”データ復元ソフト”。

今回は EaseUS(イーザス)社から発売されているデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard Professionalをご提供いただきましたので、使い勝手やちゃんと復元されるのか?を試してみました。

どんなソフト?

会社概要によると、イーザス社は中国・四川省に拠点を置き、データ復元ソフトなどユーティリティ系のソフトウェアを世界的に展開しているメーカーとのこと。

データ復元ソフト「Data Recovery Wizard」シリーズには3つのグレードがあります。

  • Free(無料、復元可能データ量は500MB~最大2GB)
  • Professional(1台用ライセンス、データ量制限なし)
  • Technician(ライセンス台数無制限、データ量制限なし)

今回は1万円弱で販売されている「Professional」を試します。
一般家庭での使用であれば複数台のPCを持っていたとしてもどれか1台に入ってればOKな場合がほとんどだと思うので、Pro版で十分ですね。

とは言え正直言ってそれなりにお値段がしますので、まずは 500MB(SNSシェアで+1.5GB)復元可能な Free版を試してみると良さそうです。

まずはインストール

インストールは一般的なソフトウェアと同様、インストールウィザードに従うだけなので簡単。

ただし、ソフトウェアのインストール先は復元対象のファイルとは異なるドライブにインストールするよう警告が表示されます。
SDカードやUSBメモリのデータを復元する場合は普通にインストールしてOKですが、PC内蔵のHDD内のデータを復元したい場合は注意が必要です。

続きを読む

スポンサーリンク
PC広告
PC広告