スマホOKな携行品補償オプション付き傷害保険の新規加入が厳しい件

傷害保険の携行品補償オプションでスマートフォンが補償対象になる(約款にスマートフォンを補償対象から除外する旨が記載されていない)とのことで、一時期Twitter等でバズっていた保険商品があります。
AIG損害保険「けがの保険」(旧・富士火災海上保険「未来スケッチ」)です。

こんにちは、リリハハです。 仕事が忙しいのと、お問合せが多い為、ブログ更新が出来ませんでした。 コメントは大歓迎ですが、今後しばらく新規での保育園のお問合せ回答を控えさせて頂きます。 私のHPのお問い合わせは、殆どが保育園の相談が主なのですが、余りにも長文メールになってしまう為お返事で精一杯となってしまいます。 私に心...

しかしながら、携行品補償を目的とした契約が急増したため、携行品補償オプションを付加できる補償内容の条件が設けられ、これからの新規加入は厳しくなっているという話です。

加入が厳しくなった背景

AIG損保「けがの保険」は名前の通り傷害保険であり、携行品補償は任意セット特約、つまりオプションに過ぎません。
しかしながら、ほとんどの保険会社で補償対象外となっているスマートフォンやPCなどのデバイスが、AIG損保の約款では除外対象として記載されていない(=AIG損保であれば補償してもらえると考えられる)ため、この携行品補償を目的とした契約が急増したようです。

AIG損保「けがの保険」では死亡時や入院時の補償額を自由に設定でき、それらの補償額を最下限に設定(後遺障害補償が40万円とか)した上で携行品補償オプションを付けると、年額3千円程度の携行品保険(しかもスマホ補償OK)として契約が可能だったようです。

携行品補償オプションを利用できる最小構成

現在は一定基準の補償プランを設定しなければ、携行品補償オプションが利用できなくなっています。(その旨は既に保険代理店へ通知されています。)

下記は、私が現在加入している傷害保険の満了が近かったため、保険見直しのついでに、AIG損保「けがの保険」に携行品補償オプションを付ける場合の最小構成を保険代理店で算出してもらったものです。 続きを読む

スポンサーリンク
PC広告
PC広告